コンテスト
受賞事例

【アイデア部門】ビジネスプラン賞①
stera

「携帯ショップの待ち時間を利用した、無料マッサージのサービスを。」

 先日、携帯ショップを訪れた際、たくさんのお客さんで混雑していました。私も番号札を取って順番を待っていたとき、「お待ちいただくあいだに、無料のハンドマッサージはいかがですか?」という案内を受けました。そのときはお断りしましたが、肩のマッサージだったらお願いしてもいいなと後で思いました。ちょっと肩が凝っていたので。そこで一つ、アイデアを思いつきました。携帯ショップに限らずいろいろなお店での待ち時間に、無料のマッサージを受けることができれば、お客さんは退屈しないし、混雑時の気分を和らげながら体もリフレッシュできるのでは、という提案です。マッサージ師は携帯ショップと雇用契約を結ぶことができれば、一定の所得になりますし、顧客は無料で気軽に利用でき、得した気分にもなるでしょう。もちろん、本格的な治療を目的としたものではなく、数分間、肩回りをマッサージするだけでいいと思います。携帯ショップ以外にも、美容室や薬局など街のさまざまな店舗にサービスとして導入され、マッサージ師の雇用の機会が広がることを期待しています。

審査員コメント

素晴らしいアイデアです。店舗、顧客、マッサージ師の3者の利益になり、しかも、今日からでもできるシンプルな取り組み。無料なのでニーズも高い気がします。このような日常のちょっとした気づきが、障害者雇用の大きな効果に結びつくもの。このサービスを有用だと捉え、マッサージ師を雇用する事業者があるかどうかが課題ではありますが。

stera