コンテスト
受賞事例

【アイデア部門】日本財団ビジネスプラン賞
吉川 典雄

視覚障害者が企画する、「NEXT VISION TOUR」事業。

 視覚障害者を始めとする情報弱者、交通弱者が日本の豊かな文化財を快適かつ安心・安全に体感できるユニバーサルな体験型ツアー「NEXT VISION TOUR」プロジェクトを企画・運営します。例えば、文化財の体感ツアー、伝統工芸・伝統芸能の体験ツアー、触って楽しむユニバーサルミュージアムツアー、タンデムサイクリングツアーはいかがでしょう。
 実現のためには、情報の提供方法の整備、コンテンツの充実、支援するボランティアの育成・配置、交通施策に関する自治体への要望、助成金・寄付金の申請、関係業者(旅客業・レンタル業など)との提携を行うことが必要になります。
 同時に、文化財を体感するための支援技術の研究・開発も行います。IoT・AI・VR/AR・センシングなどによる支援技術で、例えば、文化財情報へのナビゲーションシステム、文化財へのモビリティサポートシステム、文化財を体感するための支援システムです。実現に必要なのは、大学などの研究機関や企業との共同研究・開発、自治体との実証実験、助成金・寄付金の申請、関係業者との提携など。視覚障害者は自らのニーズによる企画立案や研究テーマ立案に携わり、モニタによるフィードバックを行うことで、役割と仕事を創出できます。プロジェクトの実施都市は、京都。成功事例はほかの都市や地域にも展開できると考えています。

審査員コメント

これまでにも健常者が企画する障害者対象のツアーはありましたが、このアイデアには、ツアーの企画・運営に視覚障害者が携わるという独自性があります。視覚障害者が、視覚偏重のツアーの概念を覆すような文化財鑑賞や旅行を企画することで、あらゆる人に新たな旅行体験を提供できるのではと期待します。
吉川 典雄(会社員)

吉川 典雄(会社員)
緑内障と高度近視により視覚障害1級となる。現在、オムロン京阪奈イノベーションセンタで、知的財産管理業務に従事。公益社団法人京都府視覚障害者協会職業部協力員「仕事サロン」企画スタッフ、市民ボランティアグループ ユニーズ京都企画担当チーフ、京都でタンデム自転車を楽しむ会会員。